フロアガイド イベント 田町について
トップページ アクセス お問い合わせ

『第25回 田町音楽祭)』(平成29年7月5日)は
大盛況の内に終了いたしました。
ご来場いただいた大勢の皆様、ありがとうございました。
次回もよろしくお願いいたします。
(平成29年7月4日は雨天により中止となりました。)


 

 田町音楽祭プレミアムチケットをご利用いただける店舗は下記のとおりです。
3F ●海鮮問屋 地魚屋 ●鍛冶屋文蔵 ●アリスアクアガーデン田町
2F ●謙徳蕎麦家 本店 ●慶愛堂 ●メガネのヒラタ ●パロス化粧品店 ●文明堂
●洋服の青山
1F ●やまとや ●炭火焼とり わへい ●カレーショップ伊豆美 ●ドトールコーヒーショップ 
●ベイホームズ ●喫茶室ルノアール
B1F ●とんかつ いなば和幸 ●竹取の庭〜遊庵〜 ●居酒屋かぼちゃ ●東方飯店 
●若寿司 ●イタリア食堂 TOKABO ●謙徳蕎麦家 ピアタ2号店 ●腹黒屋
上記に記載されていない店舗ではご利用できません。
当チケットは田町音楽祭当日会場のみで販売されます。会場模擬店でのご利用のほか平成29年7月8日(土)まで、上記のピアタ館内各店舗でもご利用できます。
ご利用にあたっての注意事項等はポスター、チラシおよびチケット本体にてご確認ください。
抽選券は発行当日限り有効。


 第25回 田町音楽祭 出演予定アーチスト紹介(出演バンドおよびメンバーは変更となる場合がございます。)
7/4()・7/5(水) faungaroos(ファンガルーズ)

多くのファンを魅了してきた“田町音楽祭の顔” 歌姫“井手麻理子”と
熱きミュージシャン達によるパワフル&ソウルフルサウンドは
“最後の田町”を興奮と感動に包み込む!

井手麻理子ファンガルーズ with 平野真吾

井手麻理子 (Vo)
http://idemari.syncl.jp/

15歳の時、姉の部屋から流れてきたミニー・リパートンのLovin’Youがすべての始まりとなる。
1本のデモ・テープをきっかけにオーディションで優勝、97年avexより「 CRAWL 」でデビュー。
その後「風と共にながれて 」「 〜Seek〜それが愛かもしれないから 」などFM 各局のチャートを賑わすシングル曲を連発し注目をあつめる。
99年、全国17ケ所のツアーと「Aswad・Janet Kay・Inner Circle・ Freddie Mcgregor」らが出演したレゲエ・イベント「JUMP'N SPLASH」に日本からは唯一の参加を。
5thシングル「 There must be an angel playing with my heart 」がカバー曲としては異例の大ヒット。
2000年リリースの2ndアルバム「 zeal 」はオリコンチャート初登場9位を獲得!
同年、自身の音楽的ルーツを辿る旅へ、ニューヨークを拠点にメンフィス、ニューオリンズやキューバを周る。(オープン・マイクなどのイベントに飛び込みで参加し歌い続ける)
帰国後03年には原点回帰的なアルバム「 HIGH LIFE 」をリリース、ロック・スピリッツの神髄に迫る白熱した歌はジャンルを超え高い評価を受ける。また「 HIGH LIFE 」とは真逆なスタンスで痛みや弱さをさらけ出すような素な世界観を表現したアルバム「 THE CLOWN 」は内面を深く見つめ直した作品に。
2007年、デビュー曲「 CRAWL 」から「蒼のつづき 」まで、9枚のシングをル収録した『 SINGLE COLLECTION 』をリリース。
ただ与えられた曲を歌うだけのシンガーではなく、その時々に感じたこと、想いなど、自己を表現するべく歌うシンガーとしての姿勢を示す。同年、グラミー・シンガーのピーボ・ブライソンとディナーショーで共演。2007年、夏にはミュージカル「the last 5 years」山本耕史氏との二人舞台 にも出演し、初舞台ながらも説得力のある歌と演技が激賞され追加公演も開催。

菊池麻由 (Key)
http://www.facebook.com/fangaro
1979年生まれ。武蔵野美術大学油絵学科卒。鍵盤弾き。
大学時代に出会ったジャズをベースにし、ポップス・ファンク・歌謡曲・シャンソンなど様々なアーティストのライブをサポートしている。ジャズピアノを元岡一英に師事。

二宮純一 (Gt)
http://blog.livedoor.jp/speacloud/

東京都出身。19歳の頃からプロとしての活動を開始し、様々なバンドに加入しライブ活動およびレコーディングに参加。またセッションギタリストとしての活動も始める。
96年にボストンにあるバークリー音楽院の奨学金オーディションに合格し、97年に同校入学の為渡米。ミック・グッドリック、タイガー大越、リッチー・ハート、スティーヴ・カーン等に師事。
01年同校卒業後帰国。現在、SPEACLOUDの活動を中心に、様々なライブやレコーディングセッションに参加中。
《support :寒川敏彦KANKAWA122、モダーン今夜、ウォーネル・ジョーンズ、他》

多田野 "ManBow" 繁 (Bass)
http://www.facebook.com/profile.php?id=100002959848060

15歳でバンド活動を始める。
19歳より、音楽講師やバックバンドを始める。
23歳の頃、自己のバンドにて地元名古屋クアトロワンマンや、韓国のツアーを成功させる。
新たな活動を求め愛犬JJと愛器62年PBと共に上京。
その後、メジャー、インディーズの沢山のアーティストのライブ、REC等に参加。
坂本竜太氏に師事。

定成クンゴ (Drs)
http://www.kungo.net/
日本大学芸術学部音楽学科を卒業後、渡米。
バークリー音楽院に留学。現地でブルースバンドに所属し「どさまわり」を経験。
バックビートの奥深さを学び、感銘をうける。
帰国後、バイクユアーズに参加。Vestax社主催コンペティションでアジアチャンピオンに。
2枚のアルバムをリリース。サンプラザ中野氏と共に、シングルをリリース。
解散後、スピークラウドを結成。3枚のアルバムをリリースし、精力的に活動を続けている。
『マボロシ』のライブ・レコーディング・フェスの参加や、『クレバ』武道館公演、
『岡本真夜』10周年全国ツアー等、タイトかつ有機的なドラムとパーカッションで、
様々なアーティストのサポートもしている。
バンド活動の他、自ら主催するドラム教室(シベ・ドラムスクール)を積極的に展開中。
《suport:マボロシ、サンプラザ中野、KREVA、arvin homa aya、KOHEI JAPAN、岡本真夜、NIKIIE、有坂美香、さかいゆう、トリップメーター、サンタラ 他》
7/4()・7/5(水) Afro Begue (アフロべゲ)

セネガル・日本の橋渡しとして、新しいスタイルのアフリカンミュージックを
圧倒的なパフォーマンスで全国各地で支持されるオマール・ゲンデファル率いる
アフロビートバンドが”田町音楽祭“初登場!

Afro Begue (アフロべゲ)

ジェンベマスターのセネガル人オマールゲンデファル率いるアフロビートバンド。「アフロ・ベゲ」の「ベゲ」はウォロフ語で「楽しむ」。セネガルに数世代に渡る伝承音楽家(グリオ)であるオマールの伝統音楽と現代のサウンドを融合させたオリジナルサウンド。ジャンルを超えた沢山の人たちに聴いてもらうべ く、全国各地でライブ活動を行い、圧倒的なパフォーマンスで見る者を魅了。
2014年、1st Album「BEGUE」を発表。
2015年より2年連続でアフリカ各国大使出席のアフリカンフェスティバルよこはまオープニングセレモニー等公式イベントでの公演や、すみだストリートジャズフェスティバルのメインステージ出演。
2016年、「ジェンベの神様」ママディケイタ氏来日パーティーで演奏、ママディ氏より高く賞賛させる。また、オマールが立ち上げ、セネガルで開催された二国大使館公認チャリティーイベント「SENE-JAPON Festival」に出演、上田正樹氏、Freres Guisseとの共演も果たす。
バスケットボール女子日本代表国際強化試合2016の日本・セネガル戦(小田原大会)において、日本・セネガル代表としてオープニングパフォーマンスで演奏を行う(オマールは3試合で国歌独唱)。
2017年、2nd Album「SANTAT」をPlaywrightよりリリース。
今後もセネガル・日本の橋渡しとして、新しいスタイルのアフリカンミュージックを発信し続ける。

Omar Gaindefallオマール・ゲンデファル (Vocal, Djembe)
Yusuke Tsuda津田 悠佑 (Guitar)
SuzKen – スズケン (Bass)

<オフィシャルWEBサイト>http://afro-begue.com
7/4()のみ 山下直子

カントリーナンバーを中心に、
ロカビリー、オールディーズポップス、ロックと幅広くライブ、コンサート活動中! 
魅惑のウエスタンサウンドが今宵“田町のビル街”に美しく響く!

小学5年生の頃、日本テレビ音楽学院にてボイストレーニングとダンスを学ぶ。中学生の頃、ザ・バーズのメンバーとして歌番組に出演。
テレビやドラマ等のタレント活動を経て、1991年にロカビリー歌手・山下敬二郎と結婚。カントリーウエスタンを歌い始める。
山下敬二郎CD「Tokyo Yankees 91」、「忘れじの人」に参加。2005年には山下敬二郎CD「Let's dance country!」にて作詞担当。
2010年、山下敬二郎と共にオリジナルCD「Castle〜二人の城〜」にて、作詞、作曲、ボーカル担当。
そのほか、アーケードゲーム音楽「ポップンミュージック9」にて「コヨーテの行方」作詞、ボーカルを担当。2011年 山下敬二郎 没後、ソロ活動を開始。
ソロ オリジナルCD"ロカビリーウィドウ/ひとりじゃないから"発売中。 楽曲提供…コロンビアレコードより高橋元太郎&山口いづみ"ひとりじゃないから"発売中。
現在 山下直子& Straight Shooter 、ザ・クランチャーズ&山下直子、山下直子with Resets と共に、LIVE、コンサート、イベント出演等、音楽活動継続中。
2016年、日本のポピュラー音楽界初のコモンレーベル"S&Lミュージック"に登録参加。

http://www14.plala.or.jp/keijiro/

山下直子

7/5(水)のみ  民謡と日本舞踊のコラボレーション! 本橋都生子&佐藤匠

日本の文化と芸能を担う地元港区生まれの高校生コンビが「田町音楽祭」に応援出演!

本橋都生子(もとはしみおこ) 本橋都生子(もとはしみおこ)
1999年生 港区生まれの高校3年生
幼少の頃より日本の和に魅せられて歌と踊りを続けている。
歌は民謡歌手の加藤柏彗先生に師事し今秋には2度目の全国大会出場を果たす。
田町音楽祭史上初の民謡に意欲をみせている。
佐藤 匠(さとうたくみ)   佐藤 匠(さとうたくみ)
2001年 港区生まれの高校1年生
日本舞踊芙蓉流にて日本舞踊を習い始め3歳で初舞台を踏む。
現在では使われなくなった盆踊り曲の復活に貢献。
港区からの依頼で盆踊り曲に振り付けなどの活動の傍ら指導の道も勉強中。

 

※上記は平成29年6月2日現在の情報です。


 

 

 

 

『ピアタ福引大感謝祭』(平成28年)は大盛況の内に終了いたしました。
ご参加いただいた大勢の皆様、ありがとうございました。
次回のピアタ福引大感謝祭もよろしくお願いいたします。

 


 ピアタ商品券をご利用いただける店舗は下記のとおりです。
3F ●海鮮問屋 地魚屋 ●鍛冶屋文蔵
2F ●謙徳蕎麦家 本店 ●慶愛堂 ●メガネのヒラタ ●パロス化粧品店 ●文明堂
●洋服の青山
1F ●やまとや ●炭火焼とり わへい ●カレーショップ伊豆美 ●舎鈴 
●ドトールコーヒーショップ ●ベイホームズ ●喫茶室ルノアール
B1F ●とんかつ いなば和幸 ●竹取の庭〜遊庵〜 ●居酒屋かぼちゃ ●東方飯店 
●若寿司 ●イタリア食堂 TOKABO ●謙徳蕎麦家 ピアタ2号店 ●腹黒屋
上記に記載されていない店舗ではご利用できません。但し、エイチ・アイ・エスでは抽選券の配布のみ実施しております。

 

 

 

 


個人情報の取扱について このページのトップへ